バスト,アップ

バストアップにつながるツボ(中府・渕腋・乳根)

胸にコンプレックスを抱き、バストアップに憧れる女性はいます。バストアップを目指しさまざまなバストアップ器具を買ったりサプリメントを飲んだことがある人も多いでしょう。バストアップグッズだけでなく毎日手軽にできるツボ押しをプラスして更なるバストアップを目指しませんか?ここではバストアップにつながるツボをご紹介していきます。中府(ちゅうふ)はリンパの流れをよくすることでバストアップにつながるツボです。 中府は鎖骨から腕の付け根の間(鎖骨外端下のくぼみから親指1本分下あたり)にあり押すと痛みを感じます。渕腋(えんえき)は乳房の張りを与え血行をよくしバストへの栄養補給を促すことつながるツボです。渕腋は腋の下にあり、押すと少し痛みを感じます。親指でゆっくり押すといいでしょう。乳根(にゅうこん)はリンパの流れや女性ホルモン分泌の促進につながるツボです。乳頭から約指2本分真下のところにあります。乳頭を押すときはゆっくり指で3秒ほど押してから離すといいでしょう。

バストアップにつながるツボ(だん中・天渓)

バストアップにあこがれる人の中には胸に豊胸バッグを入れたり脂肪を注入する人もいるでしょう。でも、豊胸バッグに興味があっても怖くて踏み出せなかったり、脂肪注入したくても高すぎて手が出せなかったりして何もせずに悩んでいることがないでしょうか。そんな人にオススメなのが豊胸ツボ押しです。ツボ押しなら胸にメスを入れることも注射をすることも必要ないしお金も必要ありません。バストアップに効果がある二つのツボをご紹介したいと思います。だん中は女性ホルモンの分泌を促進するツボでバストアップと美肌に関係します。だん中は乳首を結んだ線の中央にあります。だん中を押すときは右手の人差し指と中指をだん中にあて、その上に左手の人差し指と中指を重ねた状態で押すといいでしょう。天渓(てんけい)は乳腺の発育を促進するツボです。天渓は乳房と胸部の境目あたりにあり、乳首と同じライン上にあります。天渓を押すときは手のひらで乳房を持ち上げ、親指で天渓を押すといいでしょう。

バスト,アップ

バストアップにつながるツボ(屋翳・膺窓)

胸が小さいかったり、たるんでいたりしてお風呂に入るたびに胸を見てはため息をついているあなた。ため息の代わりにツボ押しをして、バストアップを目指しませんか?胸を大きくしたくても、張りのある胸にしたくても豊胸手術をするのは抵抗があるし、バストアップ サプリメントは飲んでいても効果が出ているかわからないと悩んでいるあなたはバストアップにつながるツボを押してバストアップしちゃいましょう。バストアップにつながるとして知られているツボに「だん中、天渓(てんけい)」があります。しかし、それ以外にもバストアップにつながるツボがあるのをご存知ですか?ここでは「屋翳(おくえい)・膺窓(ようそう)」という2つのバストアップのツボをご紹介したいと思います。屋翳(おくえい)は血行をよくしたり代謝を促進し女性ホルモンの分泌促進するツボです。屋翳は乳房のトップ部分の縦ラインにあります(乳首の少し上あたり)。屋翳を押すときは指でゆっくりと軽く3秒ほど押して、パッとはなします。膺窓(ようそう)は乳房に直接刺激を与え、乳房の血行促進・新陳代謝・乳腺の働きをよくしたりホルモンの分泌促進をよくするツボです。また、膺窓は母乳の出をよくする効果もあるので覚えておくといいでしょう。膺窓は鎖骨と乳首の間(第三肋骨と第四肋骨の間)にあり、乳頭線上に位置します。膺窓を押すときは人差し指と中指をそろえてゆっくり軽く押しましょう。

Copyright © 2012 バスト アップにつながる・・・